タイヤの種類と選び方

  • HOME
  • タイヤの種類と選び方

タイヤの種類

タイヤの分け方は構造上の分類や、性能や価格帯などで分けられますが、
ここでは季節ごとに使い分けるタイヤの分類でご説明いたします。
季節で使い分けるタイヤは大きく分けると3種類あります。
運転環境や道路環境によってに何を使うかは決めていきます。
  • 夏用タイヤ

    夏用タイヤ
    最もメジャーなタイヤです。
    耐久性やグリップ性能が優れていて、雪が振らない地域では一年中使用できます。
  • 冬用タイヤ

    冬用タイヤ
    積雪地域では必須になります。凍結した道路でも滑りにくく、グリップ性能が高いタイヤです。
  • オールシーズンタイヤ

    オールシーズンタイヤ
    夏タイヤと冬タイヤの性能を両方の特性をもったタイヤです。そのため、専用タイヤと比べると、やや性能が落ちてしまいます。

中古タイヤを選んでも大丈夫?

中古タイヤを選んでも大丈夫
中古タイヤってどこで仕入れているの?って考えたことはありませんか?当社で販売されている商品がどのような経緯で仕入れているのか、ここでは簡単な流れを説明します。
まず、協和タイヤ商会と業務提携をしている廃車場へ行き、状態の良いタイヤを大量の廃車の中から探し出します。
「廃車=もう使えないタイヤ」というイメージがありますが、それは大きな誤解で、廃車になるにも様々な理由がある為、質の良いタイヤに出会えることもしばしばあります。
次に、選んだタイヤを車体から取り外します。状態によって1本~4本使用できそうなものだけを自社工場に運びます。プロの目利きが勝負です。
厳しいチェックを通過したタイヤはお客様に販売できるように、修繕が必要な場合は修理を行い、修繕を行ったものは再度厳しいチェックを行います。このように何度も厳しいチェックを行うことで、自信を持ってお客様に商品をご提供いたします。

タイヤの選び方

タイヤの性能はさまざまです。自分の車に合ったタイヤを賢く選ぶために
性能や用途、車種などを考慮した上で選ぶようにしましょう。
とは言ってもどれを選んだらいいか分からない方も多いと思うので、その際は当店までご相談ください。
  • 重視する性能はなにか

    重視する性能はなにか
    タイヤ選びのポイントといえば、価格、寿命、グリップ力、排水性、静粛性、乗り心地といったあたりでしょう。
    これら全てを満たすものがベストでしょうが、価格が安ければグリップ力は落ちますし、寿命や燃費を考えるとグリップ力などが落ち、価格は高くなります。排水性を求めれば静粛性がなくなりますし、剛性を求めれば乗り心地は硬くなります。
    というように、どれも一長一短で100%というものはほとんどありません。
    つまり、高速重視なのか街乗り重視なのか、乗る頻度、用途に応じてベストのタイヤというのは変わってきます。
    自分に合ったタイヤが何か、お好みのタイヤがよくわからないという人は、 協和タイヤへお気軽にご相談ください。
  • タイヤサイズを確認する

    タイヤサイズを確認する
    タイヤのサイズはタイヤの側面の「サイドウォール」と呼ばれるところに表示されています。サイドウォールにはサイズ以外にもメーカー名や商品名、製造番号や製造年なども書いてあります。
    詳しいタイヤサイズの確認方法は別のページに記載していますので、そちらをご参照ください。