中古タイヤになるまで
HOME > 中古タイヤになるまで

中古タイヤってどうやって商品になるの?中古で大丈夫?

中古タイヤってどこで仕入れているの?って考えたことはありませんか?当社で販売されている商品がどのような経緯で仕入れているのか、ここでは簡単な流れを説明します。

廃車場にてタイヤを選別します

まず、協和タイヤ商会と業務提携をしている廃車場へ行き、
状態の良いタイヤを大量の廃車の中から探し出します。
「廃車=もう使えないタイヤ」というイメージがありますが、
それは大きな誤解で、廃車になるにも様々な理由がある為、
質の良いタイヤに出会えることもしばしばあります。

タイヤを車体から取り外す

次に、選んだタイヤを車体から取り外します。
状態によって1本~4本使用できそうなものだけを
自社工場に運びます。
プロの目利きが勝負です。

販売

厳しいチェックを通過したタイヤはお客様に販売できるように、
修繕が必要な場合は修理を行い、修繕を行ったものは
再度厳しいチェックを行います。
このように何度も厳しいチェックを行うことで、
自信を持ってお客様に商品をご提供いたします。

自社工場にて施工が可能か厳重チェック

取り外したタイヤは、自社に持ち帰り販売していいもの
なのか、劣化の状態やパンクなど詳しくチェックいたします。
表面の状態や内側の細部まで厳重にチェックします。
質のいい中古タイヤを確保するための入手経路の確保
中古タイヤはこちら
  • パンク修理/タイヤ交換
  • 充実設備だからできる対応力
  • 出張パンク修理
  • 中古ホイール
  • 中古タイヤになるまで
  • こんな症状でてませんか
  • 意外と知らない
  • ブログ