フォークリフトタイヤ

  • HOME
  • フォークリフトタイヤ

お昼休み中に終わる フォークリフトのタイヤ交換

早くて、安くて、安心
協和タイヤではフォークリフトタイヤを専門に取り扱っております。
メーカーに依頼するより早く、安くご対応致します。
お客様の元へ伺い、1台の作業時間は10~20分です。
休憩中の作業も致しますので、業務をストップさせる事なくタイヤの交換が出来ます。

フォークリフトタイヤ 修理・交換・点検サービス

  • 休憩時間中に終わらせます

    休憩時間中に終わらせます
    協和タイヤのフォークリフトタイヤ交換は、直接伺ってその場で作業致します。
    お昼休憩や15時休憩の間に作業させて頂きます。そのため、稼働をストップさせないので業務効率を下げません。
    ※10~20分で作業出来るのはノーパンクタイヤのみの対応となります。
  • 工賃を安く抑えられます

    工賃を安く抑えられます
    メーカーに依頼すると、メンテナンスまで行うので、その分工賃が高くついてしまします。
    メンテナンスの必要が無い、タイヤの修理や交換だけであれば、当店にご依頼頂くほうが料金を抑えられると思います。
  • タイヤ点検表をご提出します

    タイヤ点検表をご提出します
    定期的にタイヤ点検表をお渡ししています。
    安全管理という部分でお役立て頂いております。もしもの事があった時に、提出出来る書類になりますので、大事に保管して下さい。

フォークリフトタイヤの知識

  • フォークリフトタイヤの種類

    フォークリフトタイヤの種類
    フォークリフトのタイヤは大きく分けて、2種類あります。ひとつはタイヤの中に空気が入っている「エアタイヤ」、もうひとつはパンクしないことが特徴の「ノーパンクタイヤ」です。
    エアタイヤは乗り心地が良いので、凸凹の作業場には合っておりますが、寿命が短く、交換頻度も高くなります。
    一方、ノーパンクタイヤは乗り心地が少し悪いものの、パンクしないタイヤなので、長持ちしてコストパフォーマンスに優れています。

    タイヤ交換の際には、どちらのタイヤなのかお知らせ下さい。見分け方は、エアバルブがあるか無いかでも見分けられます。
    エアパンクの場合はお時間がかかりますが、ノーパンクタイヤの場合は、1台10~20分でタイヤ交換ができます。
  • フォークリフトタイヤの交換時期

    フォークリフトタイヤの交換時期
    ノーパンクタイヤの交換時期は、タイヤの溝が無くなってツルツルになってきたら交換の目安です。ノーパンクタイヤはそうなってもつい、使い続けてしまう現場が多いようですが、そこまで摩耗すると破裂の恐れやスリップ事故の危険性が高まる恐れがあります。定期的な点検が義務付けられておりますが、出来れば月に1度はセルフチェックを行って、すり減ってきたら早めに交換する事を心がけてください。

    フォークリフトタイヤを長持ちさせる秘訣は、長期的に使用しない時は、タイヤを外す、小回りが利くフォークリフトですが、切り返しを頻繁にしない事で、摩耗を予防します。

料金と対応エリア

  • 料金

    基本、料金はお見積りになりますが、作業の中に含まれる料金は、「タイヤ本体、工賃、タイヤ廃棄料」の3点です。
    必要最低限の内容で、お安くお受けする事ができます。
  • 対応主要エリア

    LINKAI横浜金沢エリアを主要エリアとしております。
    それ以外のお客様も、お問い合わせは大歓迎ですので、一度ご連絡頂き、ご相談下さい。

お取り扱いメーカー

持ち込みタイヤ交換のご予約はこちら

お電話の場合はこちら

045-783-2160
【営業時間】9:00~18:00(平日)10:00~17:00(祝祭日)
【定休日】 日曜日

Web予約は24時間受付