こんな症状出てませんか
HOME > こんな症状出てませんか

大事なタイヤセルフチェックで安全なドライブを!

下記のような症状は出ていませんでしょうか?
見過ごしてしまいがちな小さなサインがトラブルに巻き込まれてしまうことも充分にありえます。
ぜひこちらをご参考いただき、日々のセルフチェックをオススメいたします。

スリップサインは出ていませんか?

自動車にそこまでこだわっていない人にとって、
タイヤ交換はあまり関係ないことだと思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、車を支えているタイヤは、たったハガキ4枚分ほどの面積しか
地面に接していません。
つまり、タイヤがすり減っていると、ひとつ間違えれば大事故に
繋がってしまうこともあります。定期的にチェックしてみて下さい。

交換の目安として知られているのが「スリップサイン」。
これは、タイヤを良く見ると分かるのですが、
まず、横を見ると▲などの目印が見つかるはずです。
その印のある付近はタイヤの溝が浅くなっている部分が数カ所あります。
タイヤが摩耗して、溝の深さが1.6mmになると、
そこがすり減ったタイヤの接地面と同じ高さになり、
スリップサインが現れてきます。
このサインがあらわれたら、なるべく早めに交換することをおすすめいたします。
> タイヤ交換はこちら

キズは無いですか?

走行に問題がなくてもタイヤに傷があると、タイヤの性能を維持できなくなる恐れがあります。
特にサイドウォールと呼ばれる、タイヤの側面に傷や変形が見られる場合は注意が必要です。
トレッド面はある程度ゴムに厚みがあり、多少傷ついても耐えられますが、側面はゴムも薄く、
バーストしやすいといわれています。
縁石にぶつかったり、悪路を走行した際はよくチェックしてみてください。
もし、傷があった場合はすぐに点検を受けて下さい。

側面(サイド)が膨らんでいませんか?

走行に問題がなくてもタイヤに膨らみがあると、危険です。
タイヤの側面に傷や変形が見られる場合は注意が必要です。
側面はゴムも薄く、バーストしやすいといわれています。
縁石にぶつかったり、悪路を走行した際はよくチェックしてみてください。
もし、膨らみや変形があった場合はすぐに点検を受けて下さい。

ヒビはないですか?

タイヤはゴム製ですので、ヒビが入るということは
それはタイヤが劣化してきているサインです。
例えばテーブルの上に置いていただけの輪ゴムも、
時間が経てばヒビが入り、引っ張るとブチっと切れてしまいます。
タイヤも同じで、事故やトラブルがなくても時間が経てば経つほど劣化していきます。
タイヤにヒビを見つけたら、交換時期の目安とお考えください。

交換目安は走行距離3~4万Km

どんなにトラブルなく走行出来たとしても、3~4万㎞ほど走れば、交換の目安です。
走行に問題がなければ怠りがちになりますが、「走行中にバースト(破裂)した」なんていう事故を防ぐためにも
早めの交換を意識することがお勧めです。
中古タイヤはこちら
  • パンク修理/タイヤ交換
  • 充実設備だからできる対応力
  • 出張パンク修理
  • 中古ホイール
  • 中古タイヤになるまで
  • こんな症状でてませんか
  • 意外と知らない
  • ブログ